児童扶養手当の支給額


児童扶養手当は、収入の限度額に満たない母子家庭、または父子家庭で
”児童扶養手当の支給要件”にする該当する養育者が受けられる支援です。

支給額


児童1人の母子家庭で全部支給される場合
41,020円/月

児童2人の母子家庭で全部支給される場合
46,020円/月


※一部支給になる場合は、9,680円~41,020円の間で10円刻みで計算


支給月


4月、8月、12月の年3回
毎回、4ヶ月分が指定の口座に振り込まれます。

◯12・1・2・3月分  ⇒  4月
◯4・5・6・7月分   ⇒  8月
◯8・9・10・11月分 ⇒  12月

※振込日に金融機関が休業日の場合は直前の営業日に振り込まれます。



親父が養育費を支払った回数が・・・


1: 2015/01/12(月) 07:03:12.42

1回
そんなもんだよね




母子家庭だけど、親父が養育費を払った回数wwwwwwww

http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421013792/



養育費を支払う側が死亡した場合

養育費支払いの満期を迎える前に、養育費を支払う側(元夫)が、
事故や自殺などで突然死亡するケースも少なくありません。
そうなったとき、今後の養育費の支払いはどうなってしまうのでしょうか?


026.jpg


支払い義務の相続


元夫が亡くなった時点で養育費の支払いはストップとなり
養育費支払い義務は消滅、受け取れなくなります。
養育費の支払いは”親固有の義務”であって、その義務は相続ができません。

なので、元夫が亡くなったからと言って、元夫の再婚相手や
祖父母などに請求することはできないのです。


しかし、別のケースとして、死亡する前(生前)に滞納していた未払の養育費については
負債として相続人が支払う必要があり、請求することが可能です。



前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。