支払い方法について

支払い時期と支払い方法


養育費の支払いが始まるのは一般的に、離婚が成立した月、またはその翌月です。

そして、前記事にもあったように「毎月支払う」のが普通です。
一括で支払うことが可能ならば未払いなどのトラブルも避けることができますが、子どもの年齢や養育費の額によっては、合計金額が1000万円を越えることもあります。
現実的に言って不可能であることが多いでしょう。

支払い方法としては、銀行、稀に手渡しもあるようですがやはり銀行振込が1番良いでしょう。
毎月きっちり証拠も残るので、何かトラブルになったときなどのお互いのためにもなります。
口座も親の口座とは別で、できればお子さんの名前のものにしましょう。

何らかの事情で銀行振込がきでない場合、手渡しの場合、毎回必ず”領収書”を残すようにしましょう。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。