養育費の消滅時効


養育費の未払いについて、請求できる期間があり、
それを過ぎると請求することが不可能になってしまいます。

養育費の消滅時効は、原則として5年と定められています。


離婚時などの話し合いによって「毎月○万円の養育費を支払う」と取り決めた場合、
それが未払いの場合、養育費の請求権は5年で時効消滅となります。

ただし、「判決文」「調停調書」といった、”裁判所で作成された証書”で
支払いが取り決められた場合には、時効までの期間が10年となります。



離婚時に養育費についての話し合いをしなかった場合、
月々の養育費について取り決めがなかった場合は、時効は存在しません。
ですが、何年か経って、遡って離婚時からの養育費を請求することはまず不可能です。
特に何も決めていなかった場合には請求した月からの支払いとなります。
もちろんその際には、話し合いが必要になります。


一般的に”養育費請求の消滅時効”はこうなっていますが、
期間が過ぎたからといって請求できないわけではありません。
相手が『時効』に関して主張してこなければ支払いは受けられます。

但し、時効について主張された場合は請求が難しくなるので
既に取り決めを行っている養育費の未払いで、
時効が迫っているのであれば、速やかに対処しましょう。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。