児童扶養手当の支給要件

児童扶養手当とは


父母が離婚するなどして父又は母の一方からしか養育を受けられない、
一人親家庭などの児童のために地方自治体から支給される手当である。

(2010年8月~父子家庭も支給の対象になりました。)

a.png

児童扶養手当に該当するもの


◯父母が離婚した
◯父、または母が死亡した
◯父、または母が一定程度の障害の状態にある
◯父、または母が生死不明である

◯父、または母に(1年以上)遺棄されている子ども
◯父、または母からのDVを受け保護命令があった子ども
◯父、または母が一年以上拘禁されている子ども
◯未婚の母親から生まれたこども
◯孤児(棄児などで父母の有無が明らかでない子ども)


また、受給資格は0歳~18歳未満の子供を扶養している母子(父子)家庭です。
ただし、一定の障害にある場合は20歳未満まで支給されます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。