養育費を支払う側が再婚した場合

父親が再婚した場合


一般的にみて、養育費を支払う側が父親として説明していきます。

養育費を支払う側が再婚しても、養育費の支払い義務はあります。
新しい相手と結婚したとしても、子どもが生まれてたとしても、養育費は支払い続けなければなりません。

ただし、離婚時に決めた毎月の養育費の減額を申し入れることは可能です。
再婚相手の女性との間に子どもができ、経済事情が圧迫された場合などです。
ですがこれには養育費を受け取る側(前妻)との話し合いが必須です。


養育費を受け取る側も、前夫の再婚により養育費減額の交渉をする権利があるということを覚えておきましょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。