養育費を受け取る側が再婚した場合

母親が再婚した場合


saikon.jpg

一般的にみて、養育費を受け取る側が母親として説明していきます。

母親が再婚した場合、「前夫からの養育費の支払いは受けられるのか?」という疑問を持っている人も多いと思います。

結論で言うと、再婚後も前夫からの養育費支払いを受けることは可能です。
可能な場合もあるというだけで普通は、再婚相手が養育の義務を負うことになるので、
前夫からの養育費受け取りの断続は難しいです。

養育費支払いを受けることができるケースとして、
新しい夫に子どもを扶養する能力がない場合です。

ですが実際このようなケースになると、前夫は「再婚して夫がいるのに養育費を支払い続ける必要はない」と思うでしょう。


いくらこちらが要求したとこで支払われないのも現実です。
どうしても支払ってもらう必要があるというのであれば、
弁護士に依頼するなどの対処も必要になってきます。


結果的に、
自分(養育費を受け取る側)が再婚した場合、”前夫からの養育費は支払われなくなる”
と思っておいたほうが良いでしょう。


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。