元旦那が会社を解雇され行方もわかりません。

相談内容


弁護士さんから、元旦那が会社を解雇されたと聞きました。
連絡先も行方もわかりません。
今まで一回も養育費は支払われていません。
もう、養育費の件は諦めるしかないのでしょうか。


弁護士の回答


養育費については、公正証書や調停調書・審判など、
公的な形で決まっているのでしょうか。

相手が解雇され、無職・無収入であれば、今すぐに養育費を回収するのは困難かもしれません。ただ、相手が再び働き出した場合には、公正証書などがあれば、給料の差押え等により回収できる可能性があります。

相手の行方がわからない場合には、弁護士に依頼をすれば、
住民票を追うなどして、相手の住所が判明する可能性があります。

<引用元:http://www.bengo4.com/c_3/c_1029/b_343127/>


離婚時など、今までに養育費支払いの取り決めを行っているのであれば、すんなり諦める必要もないかと思います。住民票から相手の所在を調べることも可能です。

連絡先も、行方もわからないとなると自分で探すのは難しいですが、
弁護士の力を借りれば探すことも、養育費を請求することもできます。



スポンサーサイト

児童扶養手当の支給額


児童扶養手当は、収入の限度額に満たない母子家庭、または父子家庭で
”児童扶養手当の支給要件”にする該当する養育者が受けられる支援です。

支給額


児童1人の母子家庭で全部支給される場合
41,020円/月

児童2人の母子家庭で全部支給される場合
46,020円/月


※一部支給になる場合は、9,680円~41,020円の間で10円刻みで計算


支給月


4月、8月、12月の年3回
毎回、4ヶ月分が指定の口座に振り込まれます。

◯12・1・2・3月分  ⇒  4月
◯4・5・6・7月分   ⇒  8月
◯8・9・10・11月分 ⇒  12月

※振込日に金融機関が休業日の場合は直前の営業日に振り込まれます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。